Supple-Bamboo トモコ

リカバリーヒーリング

【仏教の考え方と霊氣療法】その6~仏教の最も大切な教え~

【仏教の考え方と霊氣療法】⑥

~仏教の最も大切な教え~

本日は、仏教の出発点。

仏教の大切な考えをお伝えします。

 

仏教とは、言わずと知れたお釈迦様が悟りを開いて、教えを広めた宗教です。

 

お釈迦様の出生や、生い立ちはとっても興味深いので、また取り上げさせていただきますが、本日は仏教の大切な考え方。三法印についてのお話です。

 

三法印とは、諸行無常諸法無我涅槃寂静の三つです。

 

〈1〉諸行無常

日本では平家物語の冒頭にも出てくるので、ご存知の方が多いと思います。

どんなものも変化し、いずれ無くなってしまう。不変のものはないという考え方です。

 

〈2〉諸法無我

全ては因縁(直接的・間接的な関係)から生まれる。

自分というものが独立して存在することはない。

『私が・私の物が』というのは執着であって、意味がないことだという考え方です。

 

〈3〉涅槃寂静

すべての苦しみは煩悩や・執着によって起こる。解脱(煩悩を捨て執着のない悟りを開いた状態)の先にある静寂の世界。

とはいえ、凡人には無理なお話ですね。

 

この三つに、

〈4〉一切皆苦

人生は全て苦である。

生老病死が四苦。

生きること、老いること、病気になること、死ぬこと。の四つ。

それに、

別れ・怨み憎しみ・求めても手に入らないこと・思い通りにならない肉体。

この四つを加えて八苦です。

 

お釈迦様はこの考え方を発見し、弟子たちに説いたのです。

 

言葉は難しいですが、私達が人生において悩むのは、このうちのどれかではないでしょうか?

 

仏教を信じるか信じないかは別として、人生で悩んだ時にこのことを知っておくと、俯瞰で客観的に自分や自分の悩みを見ることができます。

 

例えば、ダイエットしてスタイル良くなりたい!

しかし、その身体はあなただけのオリジナルなのです。

体重の増減はできても、誰かのようなスタイルにはなれません。

若い頃は、私も体型コンプレックで、摂食障害で通院した経験があります。

 

このような煩悩や執着は消えることはありません。

それを親鸞聖人は“悪”と表現されています。

すなわち、人間はみんな悪なんです。

 

社会的な悪という意味ではありません。

私もあなたも、煩悩や執着を捨てられない悪人なのです。

それでも、阿弥陀如来は、善人悪人の区別なく救ってくださるのです。

 

そこに必要なのは、謙虚さです。

 

救ってくれるなら、好き勝手悪いこともやろう、というのは浅はかですよね。遅かれ早かれ自滅します。

 

霊氣療法では、クヨクヨやイライラは邪気になり、身体に滞りを作り、氣の流れが悪くなると考えます。

感情と身体の凝りをほぐすことで、心身共に巡りが良くなり、体調が回復します。

そこには、宇宙の量り知れない力が働くのです。

 

私達は、凡人ですから、大きなお力に頼らなければ生きていけないのです。

 

本日も、お読みくださってありがとうございました。

 

皆さんの人生がしなやかで、豊かでありますように。

心よりお祈り申し上げます。

 

(全く宗教とは関係ありません。

 私の仏教に対する考え方を

 お伝えしています。)