Supple-Bamboo トモコ

リカバリーヒーリング

【仏教の考え方と霊氣療法】その2

【仏教の考え方と霊氣療法】②

 〜阿弥陀如来の願い〜

 

こんにちは。Supple Bambooのトモコです。💕

今日もしなやかに豊かにをモットーに、

お話しお届けします🍃

 

本日は、阿弥陀如来のストーリーです。

 

阿弥陀如来は、法蔵菩薩(菩薩とは仏になろうと修行中の身)

として修行をされた後に、

悟りを得られて、

阿弥陀如来(如来とは仏のこと)となられた。

 

その修行で、

みんなを救うために願いをかけられたのです。

その願いが、

南無阿弥陀仏を称える者は、

 必ず極楽浄土に生まれさせる、

 成仏させる。

 もしその願いが叶わないのなら、

 私は仏にはならない』

というものです。

 

ということは、

阿弥陀様は如来(仏)になられたので、

絶対みんな救われるということです。

 

細かくいうと、南無阿弥陀仏を称えるとか、

極楽浄土に生まれるとか、

成仏とかあるのですが、

そこは今後もう少しかみ砕いてお話します。

 

目的は【衆生を救う】ということ。

衆生とは、生きとし生けるものの意味です。

 

ゆえに、みんな救われるのです。

 

雑過ぎる!かもしれません。

 

でも、きっかけはゆるゆるでいいんです。

 

では次回は、阿弥陀如来の願いと

親鸞聖人(私のスーパーヒーロー💚)

と何の関係が?

 

について、お届けします。

 

(全く宗教とは関係ありません。

 私の仏教に対する考え方を

 お伝えしています。)